【オールインワンジェルのおすすめ】ランキングと人気の比較

オールインワンジェルの選び方3つのポイント

オールインワンジェルの選び方1:肌タイプに合わせて選ぶ

オールインワンジェルは、あなたの肌タイプによって選ぶことがポイントです。

肌タイプは大きく分けると普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌、の4つに分けられ、肌の水分量と皮脂量で肌タイプが変わります。

肌質の違いで、高保湿タイプを選べばよいのか、肌へのやさしさを重視すればよいのか、しっとりタイプかさっぱりタイプなのか。

どんなオールインワンジェルを選べば肌に合うのかが見えてきます。

オールインワンジェルは、1つで色々な機能性・役割があります。

なんとなくで選ばずに、できる限りオールインワンジェル1つでスキンケアができるように、肌タイプに合わせて選びましょう。

普通肌

普通肌の特徴は、肌の水分量が多く、皮脂量が少ないバランスの良い肌質です。

肌のうるおいはありますが、肌質が変化しやすい言う特徴があります。

普通肌タイプは、変化していない状態の良い肌質、健康的な肌がキープできること、がポイントです。

水分を与えてキープする保水成分、乾燥から守る保湿成分の配合された、基本的なケアができるオールインワンジェルがおすすめです。

また、暑い季節は脂っぽくべたついてしまう、冬は乾燥してかさついてしまう、など季節の変わり目には、オールインワンジェルを使い分けたり、ケアアイテムを取り入れるのも選択肢としてあがります。

乾燥肌

乾燥肌の特徴は、水分量が少なく、皮脂量も少ない肌質です。

肌がかさついたり、かさつくことで肌荒れしやすい特徴があります。

乾燥肌タイプは、不足している水分量を補うこと、低下したバリア機能をケアすることがポイントです。

高いうるおいを与える高保湿成分、水分をキープする保水成分、バリア機能を補う油性成分、しっとりうるおいを守る成分が配合されたオールインワンジェルがおすすめです。

あなたが乾燥肌の場合は、刺激になるような成分が入っていないかもチェックしておきましょう。

脂性肌

脂性肌の特徴は、水分量が少なく、皮脂量が多い肌質です。

脂っぽいのですが、水分量が少ないのでかさつく特徴があります。

脂性肌タイプは、肌の水分量が少ないのでうるおいを与えることがポイントです。

しっかりうるおいを与える保湿成分、取り込んだ水分量をキープする保水成分が含まれたオールインワンジェルがおすすめです。

そして、しっとりしたタイプはべたついたり思い付け心地になる原因なので、さっぱりした軽い付け心地のオールインワンジェルが良いですね。

混合肌

混合肌タイプは、水分量が足りないので、うるおいを与える保湿成分が含まれているオールインワンジェルがおすすめです。

混合肌の特徴は、水分量が少ない乾燥肌と、皮脂量が多い脂性肌の特徴を持つ肌質です。

水分量が足りず頬(ほほ)や口元など部分的にかさついたり、皮脂量が多いのでTゾーンやおでこなど部分的にテカる、というように乾燥したりテカったりする特徴があります。

べたべたした使い心地になり不快になる原因なので、油性成分が含まれていないオールインワンジェルを選ぶとさっぱりした使い心地になります。

乾燥している部分にはしっかり、皮脂量が多い部分はひかえめに、と使い方を分けると良いですね。

肌タイプ別のまとめ

季節や年齢とともに皮脂の量や水分量が減ったり増えたりするので、肌タイプは変わります。

今のあなたの肌質に合うオールインワンジェルを選ぶのが大切です。

オールインワンジェルの選び方2:肌の悩みに合わせて選ぶ

あなたが対策したい肌の悩みに合わせた成分が配合されているオールインワンジェルを選びます。

肌の悩みに合わせた成分と言うと難しそうに感じますが、基本的に、オールインワンジェルの商品に「こんな肌の悩みケアに」と有効成分や機能性が表示されています。

肌の悩みに合わせて選ぶことで、オールインワンジェルひとつで肌悩みにアプローチする効果的なスキンケアを行うことができます。

肌の悩み別の成分例
  • 美白:メラニンの生成によるシミそばかす予防、美白有効成分
  • エイジングケア:肌のハリツヤ、乾燥からくる肌のくすみ、メラニンの生成を抑えるシミそばかす予防
  • 肌荒れ:肌荒れ防止、抗炎症作用、
  • 乾燥:高保湿、バリア機能、美容成分
  • 毛穴:肌の引き締め、保湿
  • ほうれい線・シワ:シワ改善、ハリ
  • ニキビ対策:薬用、医薬部外品、肌荒れを防ぐ、肌の環境を整える



乾燥

肌の乾燥が気になる方は、水分を補ってうるおいを与える保水成分、水分を逃がさないようにうるおいを保つ保湿成分に注目です。

そして、保湿成分と合わせて、紫外線などの外部からの刺激から肌を守り乾燥を予防する、バリア機能の働きを高める成分が配合されていると良いです。

乾燥を防ぐ成分の例
  • 保湿成分:スクワラン、ワセリン、シアバターなど
  • 保水成分:セラミド2、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など
  • バリア機能改善:セラミド1など ※セラミドには複数の種類があります



シミ・そばかす

シミやそばかすが気になる人は、厚生労働省の認可を受けている機能性が認められた美白有効成分に注目です。

美白成分には、メラニンの生成を抑えることでシミやそばかすを予防する効果が認められた成分があります。

ひとつ注意したいのは、美白と言っても肌を白くするわけではないので知っておいてください。

美白成分の例
  • ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、など

肌荒れ

肌荒れケアは、肌荒れを予防する抗炎症作用のある成分や、薬用や医薬部外品の肌荒れ予防有効成分に注目です。

また、抗炎症成分だけでなく、乾燥からくる肌荒れもあるので、保湿成分と保水成分も大切です。

肌荒れ予防成分の例
  • グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、など



毛穴

毛穴の悩みには、肌の引き締め効果の期待できる成分と保湿成分に注目です。

肌が引きしまることで毛穴が閉じ目立ちにくくなります。

うるおいのある肌は、乾燥している肌よりも毛穴が目立ちにくい状態です。

そして、開き毛穴、たるみ毛穴、つまり毛穴、黒ずみ毛穴と毛穴の種類別にケアしたい場合は、

  • 開き毛穴:肌の引き締め、毛穴を小さくする収れん作用
  • 詰まり毛穴:皮脂の分泌を抑える、皮脂の酸化を防ぐ
  • 黒ずみ毛穴:抗酸化作用、抗炎症作用、美白成分
  • たるみ毛穴:エイジングケア、美肌成分

の効果が期待できる成分もチェックしてください。

ただし、毛穴のケアはオールインワンジェルで済ますのではなく、毛穴に詰まった古い角質や汚れを落とす洗顔などのスキンケアも大切になります。

毛穴ケア成分の例
  • 開き毛穴:ビタミンC誘導体、エラスチン、ヒアルロン酸、など
  • 詰まり毛穴:サリチル酸、リンゴ酸やクエン酸(フルーツ酸)、など
  • 黒ずみ毛穴:グリチルリチン酸ジカリウム、ビタミンC誘導体、など
  • たるみ毛穴:セラミド、コラーゲン、エラスチン、など



エイジングケア

年齢に応じたケアのエイジングケアには、

  • 乾燥からくる肌トラブル
  • シワ・ほうれい線
  • 肌のたるみ・毛穴
  • シミ・くすみ

など、いろいろな肌の悩みが出てきます。

年齢とともに水分・油分が減少していき肌が乾燥していると、年齢からくる肌トラブルも改善しにくい状態です。

ですので、うるおいを補給できる高保湿・保水成分が配合されていることが大切です。

そして、肌の悩みに合わせた美容成分や、効果の認められた有効成分が配合されているオールインワンジェルを選ぶのも、年齢に応じたエイジングケアの悩み解消のポイントになります。

エイジングケア成分の例
  • 肌の乾燥:セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバターなど
  • シワ・ほうれい線:レチノール、ナイアシンアミド、ニールワン
  • 肌のたるみ・毛穴:セラミド、コラーゲン、エラスチン、など
  • シミ・くすみ:ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、など



オールインワンジェルの選び方3:続けられる価格

オールインワンジェルは、毎日朝と夜の1日2回使用するのが基本なので、続けられる価格が大切です。

オールインワンジェルの価格帯を大きく分けると、

  • たっぷり惜しまず使える市販のプチプラオールインワンジェル
  • 成分に香りや使い心地までこだわる、機能性の高いデパコスのオールインワンジェル

と2つに分けることができます。

パックしてたっぷり使いたい、成分にこだわりたいなど、あなたの悩みに合わせた機能性と価格が見合うかチェックしてみてください。

ただ、いくら安くても肌に合わないオールインワンジェルはNGです。

できる限りあなたの悩みが解消できること、最低でも、しっかり保湿ができて、肌に合うオールインワンジェルを選んでくださいね。



オールインワンジェルのおすすめランキング(総合ランキング)

1位:



2位:



3位:



4位:



5位:

オールインワンジェルのおすすめ/保湿

オールインワンジェルとシミ

オールインワンジェルは、化粧水、乳液、美容液、化粧下地など、基礎化粧品の役割・効果が期待できます。

オールインワンジェル1つで5つも6つも役割があるので万能に見えますが、シミや美白ケアなど専門の化粧品や医薬部外品と比べると期待できる効果が穏やかと言えます。

あなたにとって何が重要なのか、どんな肌ケアをしたいのか、特に気になる肌の悩みに対してアプローチできるオールインワンジェルを選びましょう。

オールインワンジェルの機能性と役割

オールインワンジェルは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、などの肌質を整えるスキンケア、基礎化粧品としての役割があります。

主な役割
  • 化粧水:保水と保湿でうるおいを与える
  • 美容液:美容成分の浸透、栄養を補給する
  • 乳液:油分を補い水分蒸発を防ぐ
  • クリーム:油分を補い水分蒸発を防ぐ
  • 化粧下地:メイクのノリ・持ちを良くする
  • パック:美容成分の浸透、栄養を補給する

オールインワンジェルによっては、機能性の高いオールインワンジェルもあります。

機能性が高いオールインワンジェルが良いとイメージしがちですが、必要以上に機能性があるより、あなたが求めている役割が果たせることが大切です。

クリームには、デコルテクリーム、ネッククリーム、アイクリーム、マッサージクリームなど、使う部位が決まっていたり、役割が違う場合があります。

ケアがおろそかになりがちな首元などに使えると、顔のスキンケアと一緒にスキンケアできてお手軽です。



オールインワンジェルの成分と効果

  • 肌の乾燥は、保湿でうるおい高保水・高保湿成分
  • 美白ケアは、メラニンの生成を抑制してシミを予防する有効成分
  • エイジングケアは、しわの改善が期待できる美容成分・有効成分
  • ニキビは、抗炎症作用で肌荒れ防止、医薬部外品

というように、オールインワンジェルの商品によって悩みに対して効果の期待できる成分が含まれています。

オールインワンジェルのベースの効果になる保湿でも全て同じではなく、よりしっとりうるおう高保湿成分にこだわっているオールインワンジェルもあります。

ですので、どんな悩みに対した成分が配合されているオールインワンジェルなのかが大切です。

オールインワンジェルのおすすめ/使い方

オールインワンジェルの使い方

オールインワンジェルの基本的な使い方は、

  1. 洗顔する
  2. 適量を手に取る
  3. 伸ばす
  4. 手で押さえて馴染ませる

という4つの手順です。

オールインワンジェルだけじゃなく化粧水も使いたい場合は、洗顔をしたあとに化粧水を使ってオールインワンジェルを使ってください。

日常的に乳液やクリームを使っている方であれば、難しくないのですぐに慣れていくでしょう。

オールインワンジェルを使うポイント

1、適量を手に取る

パール1個分など説明に書かれているメーカーが推奨する量を手に取ります。

多めに使ってもべたつきの原因になりますし、浸透せず顔に残ってしまえばもったいないです。

2、顔の部位ごとにジェルを乗せる

顔の、両ほほ、おでこ、鼻、あご、の5点にジェルを乗せていきます。

プラスして口まわりやまぶたなど、乾燥しやすい部分に乗せると良いですね。

ジェルの乗せる量の目安は、乾燥しやすい部分には多めに、おでこなどの脂っぽい部分には少なめに分けていきましょう。

顔の部分毎ごとにあらかじめジェルを乗せておくことで、適量を伸ばしやすくなります。

ジェルを手の上で温めて、柔らかくしてから伸ばす使い方もあります。メーカーがオススメする使い方を試してみてください。

3、摩擦にならないように優しく広げる

顔にジェルを置いた後は、ジェルで滑らせるように手で優しく塗り広げていきます。

手のひらを使って優しく伸ばしていき、まぶたや鼻などの細かい部分は指の腹で塗り残しが無いようにしましょう。

塗り広げるときに意識したいポイントは、塗り広げるときの方向です。

内側から外側、下から上に優しくマッサージをするようにジェルを伸ばすことで、リンパの流れを良くするように、老廃物を流すように、馴染ませていきます。

下から上へ毛穴に逆らうことで、毛穴までジェルが浸透しやすくなります。

手にジェルが余る場合は、まぶたや口まわりなど、乾燥しやすい場所に塗り足したり、首元に使ったりして使っていきましょう。

4、手で押さえて肌に馴染ませる

塗り終えたら手で優しく押さえるハンドプレスをします。

ハンドプレスをすると手の温度で暖まり、肌の奥に成分の浸透力をアップさせることができます。

ギューッと押さえないで顔の上に軽く押されているぐらいの力で大丈夫です。

5、気になる部分は重ね塗りする

ハンドプレスをしてジェルが浸透した後は、顔の中でも乾燥しやすい部分、カサつく部分はジェルが足りないと思ったら重ね塗りて保湿しましょう。

ひとつ注意したいのは塗りたての時は追加しないことです。

浸透した後に乾燥するようなら追加して塗り重ねてください。


オールインワンジェルはいつ使う?

朝と夜の洗顔後、1日2回が基本となります。

※正しい使用回数は説明書の使用回数を確認してください。


手で使うかスパチュラで使うか

ジャータイプのオールインワンジェルの中には、スパチュラが付いている場合もありますよね。

手とスパチュラどっちでジェルを取るべきかは、衛生的に使うならスパチュラを使うのが良いでしょう。

手を洗って清潔にしておけば良いですが、手でジェルを取ってしまうと雑菌が入る可能性もあります。

また、ネイルしている場合でもスパチュラだと爪を入れずに済みますね。


オールインワンジェルの使い方は基本的な部分は同じですが、メーカーによって伸ばし方やマッサージのやり方など使い方が変わります。

まずは、使うオールインワンジェルの説明書に従って使ってください。



オールインワンジェルのおすすめ/敏感肌

オールインワンジェルと敏感肌

オールインワンジェルは、いろいろな機能性があるので、成分の副作用や安全性が気になる点です。

敏感肌でも使えるかというと、化粧品と同じくあなたの肌に合うかが大切です。

色々な機能性があるからこそ、「敏感肌でも使えるのかな?」「肌が弱くても使えるオールインワンジェルあるのかな?」と思うかもしれません。

オールインワンジェルの副作用

オールインワンジェルは、化粧品や医薬部外品になります。

ですので、外用薬の医薬品のような副作用はありません。

ただし、配合されている成分が肌に合わない可能性はあるので、今まで使ったスキンケアで、あなたの肌に合わない成分が配合されているかは確認したいポイントになります。

無添加成分について

無添加成分とは、アレルギーの可能性がある成分、旧表示指定成分のことを指しています。

無添加と言われている成分の種類は、石油系合成界面活性剤、防腐剤、シリコン、鉱物油、合成香料、合成着色料、といった成分です。

無添加と聞くと安全性が高いイメージがありますが、一概にそうとは決められません。

無添加成分と記載があっても化学物質が含まれていたり、あなたの肌に合わない刺激が起こる成分が配合されている可能性もあります。

合成成分が配合されていたとしても、肌荒れしたことが無ければ肌への影響は少ないと考えられます。

ですので、無添加だから安全と言うことではなく、

  • アレルギーのある人はアレルギー成分を避ける
  • あなたに合わない成分が配合されていないか
  • 今まで刺激を感じた成分が入っていないか

が大切です。

今まで使った化粧品で肌に合わない成分が分かっているとなお良いですね。

参考:旧表示指定成分 | 化粧品成分オンライン

アルコール成分

アルコール系成分の、エタノールや無水エタノールがあります。

アルコール成分は、爽快感、収れん作用、殺菌作用、などの効果が期待できます。

ただし、アルコールアレルギーの人は肌に影響を及ぼす可能性があります。

配合量が少なければ肌に影響が出ないかもしれませんが、アルコール成分にアレルギーがある人は、アルコールフリーのオールインワンジェルを選ぶのが安心です。

天然由来成分・植物由来成分

天然由来成分・植物由来成分の中には、アレルギー反応を起こしてしまう成分があります。

極端に心配しなくても良いですが、敏感肌で心配な場合は、使う前に手の甲などでパッチテストしてから使うのが安心です。



オールインワンジェルのおすすめ/通販

オールインワンジェルのプチプラ

オールインワンジェルは、ネット通販、ドラッグストアの店舗などいろいろな場所で販売されています。

価格を考えてオールインワンジェルを大きく分けると

  • デパコス(デパートコスメ)の、高級化粧品に分類される価格の高いオールインワンジェル
  • プチプラ(プチプライス)の、お手頃価格のオールインワンジェル

の2つに分かれます。

そして、ネット通販では、デパコスのオールインワンジェル、、プチプラのオールインワンジェル、どちらも購入できることが多く、ネット通販限定で売られているオールインワンジェルもあります。

デパコスとプチプラどっちがいい?

デパコスとプチプラどちらを選ぶかは、ずばり、あなたの悩みにアプローチできるオールインワンジェルがおすすめです。

価格の高いデパコスのオールインワンジェルは、高保湿成分や有効成分、独自成分などこだわりの成分が配合されていたり、高機能という特徴もあります。

お手頃価格のプチプラのオールインワンジェルは、ベースとなる保湿などの機能があり、価格を気にせずパックやマッサージ、顔意外の部分にたっぷり使うこともできます。

毎日使うので安いにこしたことは無いですし、無理に高級なオールインワンジェルを使う必要はありません。

ただ、いくら安くてもあなたの悩みにアプローチできないと、ただの保湿できるジェルになってしまいます。

価格を抑えるポイント

オールインワンジェルを価格を抑えるには、ネット通販を利用するとお得になることが多いです。

実は店舗で買う方が高く損してしまう、なんてこともあります。

ですので、

  • 1個試しに使ってみたい場合はお試しオールインワンジェルがあるか
  • 長く続ける場合はネット通販限定の定期コースがあるか

がコスパ良く購入するポイントになるので、まずは、ネット通販でチェックするのが簡単なポイントです。

プチプラのオールインワンジェルでも、デパコスのオールインワンジェルでも、ネット通販限定で割引きされることが多いです。

特に、デパコスのオールインワンジェルは、特別定期コースで割引されたり、お試しの容量で特別価格で販売している場合もあります。

【当サイト紹介のオールインワンジェル記事】

タイトルとURLをコピーしました